FC2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。

易経 30卦 離為火

2021年02月26日(Fri) 16:45:35

「離は貞に利し亨る」

火が燃える事を人間関係に置き換えて考えてみる。


火は燃え付く対象があってはじめて存在できる。

火は燃える物が濡れていれば途中で消えてしまうし

すぐに燃え尽きてしまう物であれば、火も存続できない。

消されず、消さず、自らが上手に燃え続けその能力や個性を活かすために

適度な人間関係の距離感、関係性を築くことが大切である。

※易経は、非常に奥深い学問であります。このサイトでは易経、各卦で印象に残った言葉のみを記載しています。
スポンサーサイト



前の記事
伝統療法通信 №47武道と人間関係の話
次の記事
易教49卦 沢火革

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://hanyango.blog129.fc2.com/tb.php/718-cef697b2