fc2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。 Nichu Qigong Traditional Chinese medicine clinic &Martial Arts Hakkeikai diary

伝統療法通信 NO、50 コロナ時代を生きる

2021年07月25日(Sun) 11:03:03

NO、50 コロナ時代を生きる
東洋医学は健康の基礎を「陰と陽」のバランスで考えています。

イスラエルでは、人口約930万人の約6割に米ファイザー社製ワクチンを2回接種している。だが、21日の新規感染者は1336人に上り、そのうちワクチンを2回接種した人は52%を占めたという。
 イスラエル保健省は5日、米ファイザー社製のワクチンの感染予防効果が6月以降、従来の95%から64%に低下したと発表。ただ、重症化を防ぐ効果は93%としている。ホロビッツ保健相は「新型コロナとともに生きる」覚悟が必要だと述べた。

~上記記事「毎日新聞より」~


ワクチン接種先進国である「イスラエル、イギリス、アメリカ」では2回のワクチン接種後においても、コロナが再拡大しています。イギリスの「ボリス・ジョンソン首相」は声明で「我々はウイルスと共存することを学び始めている」と指摘しました。
コロナ共存時代に適応する上でも、個人、個人が「自己免疫向上法」(ヨガや気功、呼吸法、筋肉トレーニング、ストレッチ、ジョギング)などを習得し、今まで以上に健康管理をしてゆく必要があるともいえます。
スポンサーサイト