FC2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。

コロナで考えた。

2020年03月10日(Tue) 17:06:13

普段、我々はあの人はいい人だとか、嫌な人だとか

そんな価値判断をいつもやっている。

しかしながら、今回のように有事ともなると

いい人のいろいろな面が見えてきたりして

結局のところ自分勝手に普通というカテゴリーに分けている人たちが

一番予測不能な行動をすることがわかる。


生き物である限り追い詰められ不安になれば、過剰なことを

するのだろうのから、こういうときにいつもと変わらない態度でいられるかが

重要であるとつくづく感じるのである。

人と人

2020年02月20日(Thu) 19:55:13


人によって傷つき

人によってまた希望をあたえられる。

何十年も生きてみたがこんな波を繰り返すだけである。



どこへ行こうが

2019年12月05日(Thu) 23:19:06


どこへ行っても、遠くに旅行しても

全く楽しめない時期があった。

素晴らしい景色を見ても、なぜだかあまり楽しめなくて

いつも頭が先にはたらきその場を「あるがままにうけとれていなかった」。

それはなぜか・・。よくよく考えてみたら

自分がどこへ行こうが、頭の中で過去や未来のことを

連れているかぎりは、その場を十分に生きることなんてできないというわけだ。

「十分に生きる」・・・。

今ここにある体で感じ、過去や未来の心のおしゃべりはほどほどにして

その場の今を味わうような気持でいたいと思う。


「ソンはしないから聞いときな」

2019年08月18日(Sun) 12:31:20

K DUB SHINE

どっちでもいい

2019年07月19日(Fri) 19:03:13

心の負の部分を見つめてゆくと

まるで数珠つなぎのように、負の思いやら過去の出来事や

未来への不安などが浮かびあがってくるものだ。

一方で、心の良き部分についてもまるでプラスの波にのるように

何でもできるような気になったり、自分への肯定感が増したりするものだ。


ある波長の状態にいれば、その波長にふさわしい事を思い出したり

波長にふさわしい出来事にあったりするものだ。

心とはまことに御し難いもので

その繰り返しによって人生はできあがってゆく。

たしかに、波長の法則というものは存在するのではあるが

本当はそこに良いとか悪いとか

波動が高いとか、低いとか関係はないと思うのだ。


全ては経験であり、自分の幅をひろげるためである。

自分が悲しみや辛い経験をしていなかったらそのような人に

寄り添って話すこともできない。

特に恋愛などは人の負の部分でつながる部分が大きいと思うのだ。

陰と陽、清濁併せのんで、人間を練っていったらいいと思う。