FC2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。

スニオン岬で感じた事

2020年10月29日(Thu) 14:01:31

スニオン岬

PICT4436_convert_20150510223845.jpg





ギリシャにはアクロポリスの丘という場所に有名な

「パルテノン神殿」が立っている。

このパルテノン神殿の他に「ポセイドン神殿」というものが存在する。


「ポセイドン神殿」の場所は首都アテネの「シンタグマ」の近くからバスが出ており海岸線を車で

ずっと移動した「スニオン岬」という場所にある。


わたしはこの「スニオン岬」を訪れたときに

「ああ、こういう場所をパワースポットとというのだろうな」

というのを肌で感じることができた。


丘から海を臨むその景色は絶景であり、海から上がってくる心地よい気はそこにいるだけで

浄化されるような気分になる。

特に日が落ちてくると、海と夕日をバックにした神殿の姿は神々しくもあり現地では「夕日のス二オン」

と言われるように絶景を味わうことができる。


古代ギリシャ人たちが何故この地に「海の神ポセイドン」を祀ろうと思ったのか

私にはよくわかる気がした。


ギリシャを訪れる機会がある人は是非訪れていただきたいと思う場所である。

スポンサーサイト



昔、鳥取砂丘で

2018年01月11日(Thu) 22:51:52

昔、鳥取砂丘に訪れた際に

体験した事。


砂丘に行く前の天気は曇ってはいたが

雨が降る気配もなくおだやかなものであった。


砂丘に着き、しばらく散策していたところ、突如として

ものすごい嵐に見舞われた。


その嵐の中、得体のしれないなにかが、私を触ったのが分かった。

何か大きなものに触れた感覚というのか、とてつもない、感動が

私の内側からこみあげてきた。

その存在に歓迎されているような感じで、

大きな、愛情に包まれているような気分であった。

だが、一瞬で、その体験は過ぎた。

我に返り、気付けば、全身雨と砂まみれで

買ったばかりのお気に入りのジャケットも

砂と雨でメチャクチャになってしまった。


千手観音 

2018年01月09日(Tue) 22:13:00

多くの人に聞いてほしいお話です。

観ていたのはだれか?

2017年05月28日(Sun) 00:59:27

高校生Iさんの話


彼がこどもの頃、飴玉をのどにつまらせてしまい非常に大変な思い

をしたことがあったそうだ。


彼は、そのときの記憶を思い出すと、まるで天井の方から自分や他人を含め

その時の光景を思い出すそうである。


彼が言うには、記憶として思い出せるのは、その時にいた人や出来事

をながめている記憶であり、直接、飴玉を詰まらせ、苦しんでいる最中の自分の感覚などは

思い出そうとしてもどこかあいまいな記憶であるようだ。


この話をお聞きした後、私も、過去の記憶をさかのぼってみると、たしかに

いくつかの出来事は、自分を含めた風景を上から見ているような感覚があるのだ。


そうすると、私達が五感で体験している感覚とは別のところで、常にもう一人の誰かが

私達見ていて経験しているのだろうか?


人生の重要な節目であるような出来事は特に、個人としての体験よりも全体観として

思い出されるのである。

むかしふと考えていた事をかんがえる。

2016年09月06日(Tue) 01:58:59


私は中国整体師を仕事としています。

多くの患者さんに施術する中で

ずいぶん昔、気付いたことがあります。


それは、施術に訪れた患者さんはどこか自分と

似たような部分があって、まるで

自分の心の一部の傷ついた部分が映し出され

それを私が治療しているような、妙な間隔を覚えた事がありました。



また、その日の心の状態で来る患者さんのタイプが

ずいぶんと違うなと常日頃からおもっていました。

これは仕事だけでなく、日常生活もそうなのです。

ひょっとしたら、

「自分の心の状態が現実に投影されているのではないか?」

そう思ったら、他人もなんだか自分の心の中の大切な一部のような

気がしてきてなんというか安心感のようなものが出てきました。


もう少しいうと、現実世界というのは自分の心の拡大図のようなもので

出会う人物なり経験することはその人間の心のある部分だったり

するのではないでしょうか?


例えば、街で傷ついた人をみかけたら、それは自分の傷ついた心の部分なのかもしれません。

真実かどうかわかりませんが、

お互いに人間がそのように行動したら世の中は確実に変わるのではないでしょうか。



何年も前に気付いたことなのに忘れまた再び思い出し

また私は忘れるのでしょう。

でもこれでいいのだとおもいます。