fc2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

小さい頃、「蝶」と「蛾」の存在が、不思議でたまりませんでした。大人になり、気が付けば「陰陽五行学説を」中心とした中医学の仕事に就いていました。   日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。

パレスチナ問題

2023年11月02日(Thu) 13:01:09

中医学には「虚実補瀉」という考え方がある。
例えば、「海を綺麗にするにはまずは、山から綺麗にする」
というように、目に見える症状「実」を考えるのではなく、
「虚」(症状を出した根本の原因)を補ってゆこうという考えである。
体の症状でいうと、本当の問題点である「虚」が「精神的不調」だとして
この部分を治療しないかぎり、「実」(出ている症状)「腹痛」は
収まる事はないということである。武力を使ってほとんどの世界の問題が
解決しないのは「実」の部分だけをみて「虚」の部分を補なわないからではないだろうか。
パレスチナの人々の「虚」に相当する癒されない部分。
イスラエルの人の「虚」に相当する癒されない部分、世界が共に両国の「虚」を補う為、
考えてゆかなければ、この問題は解決はできないのではないか。
スポンサーサイト



中医学 「秋と肺」

2023年10月06日(Fri) 16:30:42

《秋と肺》
「秋」は乾燥しやすい為、体の潤いがなくなり、全体的に乾いた症状が出ます。
「肺は燥を憎む」という言葉があり、「肺」は潤いを喜ぶ臓器であり、乾燥する秋は肺の機能が弱くなります。
「肺」は「喉、鼻、皮膚」に関係し、「毛穴の開閉」をし「汗の調節」を行います。
呼吸において「心臓」と協力関係にあるので、全身の血液の代謝に大きく関与し
自然界より吸入した気を「腎臓」に送ります。(腎の納気作用)簡単にいうと
上半身だけの浅い呼吸は、腎臓に届かず、全身の代謝が滞る為、浮腫みや
便秘など様々な代謝障害を起こすことがあります。感情面において「肺」は「悲しみ」と深い繋があり
「肺」が病めば、何故か、悲しい気持ちが誘発されたり、逆に悲しい気持ちになると「肺」をいためます。
また、大腸とは「表と裏の関係にある為、皮膚の問題、呼吸の問題があると「便秘」になったり、腸の異常が出てきます。
○秋にお勧めのお茶→(ウーロン茶、梨茶)梨茶(皮、実、生姜、蜂蜜、を瓶に入れ、一週間おきお湯を入れて納飲む)
○秋に適した食べ物 →(梨、玉ねぎ、白菜、レモン)

参考文献 「中医学の基礎」  東洋学術出版社「東方栄養新書」 梁 晨千鶴 著 メディカルユーコン

笑顔に物申す

2023年05月14日(Sun) 15:32:37

この世界のスピリチャルの権威と呼ばれる人は

笑顔が大事という。

確かに一理あるし、得することも多いのではないかと感じる。

だが、無理して笑顔をつくるのが嫌ならば、

そんなことはしなくてもいいと思う。



私は思う。

自然界を見ると、ライオンは、狼は、クマは、サメはみんな非常に怖い存在である。

でも、とても魅力がある。

無理に人に媚びたりしない。


その「性」(サガ)を懸命に生きているからだ。


無理せず、真似をせず、自分のままでいればいいのだ。

それは、神から与えられた唯一の仕事なのだ。

残りの20パーセント

2018年09月14日(Fri) 12:58:24

高校生の頃テコンドーに打ち込み毎日のように練習していたが

股関節の靭帯を損傷し、良くなるまで7年間も時間がたってしまった。

大きな病院、整形外科、整骨院、接骨院から探しに探し色々な場所に

通院したが、一向に良くなる気配はなかった。


地元、川崎に整体の先生にかかり、矯正をしていただいたところ、調子が劇的によくなった。

これで、60%くらいの回復。

それでも、完全とまではいかず、丹沢にある七沢荘の気功師をたずね

これも、非常によくて80%くらいまでは回復した。


結局のところ、「股関節に関係しているのはお尻の筋肉の関与が強い」と

川崎の整体の先生が教えてくれた為、ひたすらスクワットをした。

下半身の筋肉がついていき自然に痛みがなくなっていったのであった。


私は、今になってよくわかるのだが、残りの20%は他人が治すというよりも

「自分の気力で直さなければ身体は反応してくれないということだ」

食べるということ

2018年05月05日(Sat) 21:39:31

肉や魚、野菜を食べて

それがビタミンAだとか、BだとかCになるというより

気や血になるといったほうが食べ物に対し感謝できる。