FC2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。

白い忍者

2019年12月06日(Fri) 00:27:11

夢を見た。

なぜだかわからないが一人の忍者が現れて

現代のビルが乱立した都会の街を

すごい速さで走ってゆく。

街の風景は次々に変わってゆき

しだいに山のような場所に風景が変わっていった。

忍者は山の中をひたすら走り、滝がある場所にたどりついた。

滝のところで、忍者は突然消えてしまった。


しばらくすると、ゆっくりと白い忍者があらわれた。

場面は突然戦国時代を思わせる

ような場面に切り替わった。

夢の感覚なのであるが、どうやらその光景は

滝に消えた、忍者の過去であるように思えた。

それまで、色があるカラーだった夢が

色がない無機質な映像に切り替わり

音もなく声もなく静かで非常に不気味な雰囲気になった。

いつの間にか、鎧はまとっていないが、侍のようないでたちの男たちが

次から次に白い忍者に襲いかかってきた。


敵は五、六人。

白い忍者は襲ってくる男たちを

次々に斬ってゆく。

非常に激しい戦いで敵の手や腹が切れ

鮮血は飛び散り多くの血が流れた。

白い忍者はひたすら斬り続けた。

激しい戦いではあるが、その映像は、色もなく音もなく声もなく、不気味なほど静かである。


無機質な光景が目の前で続いてゆく。

その光景は何故だか私に、非常に寂しいような気持をいただかせた。


夢はここで終わった。

起きると、背中が異常に熱くなっていた。


ただの夢である。

しかしながら、滝から現れたあの白い忍者の存在がなぜだか悲しくて忘れられないでいる。


スポンサーサイト



寺の白い木

2019年04月18日(Thu) 17:32:51


夢をみた。

お寺があり、そこに背の高い一本の「白い木」が生えている。

少しばかり円錐形になっている木で枝にはわずかの葉が生えている。

木を眺めていると何故だか懐かしく思えてきてその木を見上げていた。


次のシーンで、過去に私が習っていた武道の先生の位牌がでてきた。


目が覚めて、ふと考えてみるとあの寺に生えていた白い木は

子どもの頃から何度も私の夢に出てきていたのを思い出した。

何十年か振りに、私の夢の中に出てきた「円錐形の白い木」は

どのような意味をもつのだろうか。



鬼の夢

2016年07月17日(Sun) 00:32:34

あるお客様が夢で見たお話です。


夢の内容はそのお客様が小学生の時に見た夢なのだそうですが

友達4人で遊んでいたところ、鬼に追いかけられたそうです。


4人のうち2人(そのお客様もふくむ)は鬼の追跡を振り払いながら


やっとの思いで人家ににげたそうです。


逃げた先の人家は、傘を作る職人の家だったそうで


どうしてだか、その職人の創った傘は宙に浮き

そのお客様ともう一人の友達は傘に乗り鬼の追跡から逃れる

ことができたようです。


二人は、宙に浮いた傘から地上をみてみると残りの友達二人は

鬼に捕まってしまったのがみえました。

夢は友達二人が鬼に捕まったところで終わりました。



それから、何年か経ち、中学生になったときに鬼に捕まってしまった二人の子は

とんでもなく、悪い方向にぐれてしまったそうです。



ある、お客様がいっていた忘れられない夢のお話です。





印鑑の夢

2015年11月04日(Wed) 18:47:51

すでに亡くなった人が

印鑑を押してくれと促す夢をみたら

絶対に押してはいけないらしい。


お客様から聞いた話の一つです。

タバコをやめた理由。

2010年07月11日(Sun) 22:09:58

タバコをやめたのには

二つの理由があった。

一つは気功の為。


練功をやるうえでもう少し感覚を

研ぎ澄ませたいと考えてやめた。



施術を行う身であるのでもうそろそろ

辞めめなくてはと考えていたし実際タバコによる

体調不良も発生していた。

慢性的な梅核気と胸悶感、頭痛、頻繁に空しい気持ちに

なったりと中医学でいう「肺を損傷して悲という感情が生まれる」

状態にぴったりと当てはまっていたのだ。


また生まれつき気管支が弱く小さい頃

気管支の病気になったこともあってこのままいくと

マズイかもしれないという事がわかってきていた時でも

あった。

 
これが辞めた理由の一つ。



そしてもう一つの理由は


夢にでてきたある人から忠告を受けてやめたのだ。


今回はこの夢の話。


夢の中で一枚の写真がでてきた。


セピア調の古びた集合写真だ。


かなり古い写真のようで皆、昔の服装をしている。

覚えている限り時代は明治、大正あたりにもおもえる。
    
自分はしばらくその写真を見つめていた。


すると左側にいる一人の芸者風のとても綺麗な女性が

写真の中からこちらを呼んだ。
(この時は呼んだというより怒鳴っていた感じだった。)


「ヒロアキ!ヒロアキ!」

そして続けざまにこんな事を言った。

あんたは私の息子の生まれ変わりだよ。

あんたの名前のヒロアキの弘と同じ字で「コウ」と言ったんだ。

その子は生まれつき体が弱くてね

生まれてきてすぐ死んだんだ。

だから体、大切にするんだよ。


その芸者風の人がそう言い残すと夢が覚めた。


また背中が温かくなっていた。


無礼な自分はその夢を見てからもしばらくタバコを吸い続けて

いたが、事あるごとにその人の真剣な顔ととても愛情深い
  
声を思い出しついに禁煙することができた。


その夢が嘘でもなんでもいいのだが辞める事ができて

本当によかったと感じるのだ。