fc2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。 Nichu Qigong Traditional Chinese medicine clinic &Martial Arts Hakkeikai diary

白い忍者

2019年12月06日(Fri) 00:27:11

夢を見た。

なぜだかわからないが一人の忍者が現れて

現代のビルが乱立した都会の街を

すごい速さで走ってゆく。

街の風景は次々に変わってゆき

しだいに山のような場所に風景が変わっていった。

忍者は山の中をひたすら走り、滝がある場所にたどりついた。

滝のところで、忍者は突然消えてしまった。


しばらくすると、ゆっくりと白い忍者があらわれた。

場面は突然戦国時代を思わせる

ような場面に切り替わった。

夢の感覚なのであるが、どうやらその光景は

滝に消えた、忍者の過去であるように思えた。

それまで、色があるカラーだった夢が

色がない無機質な映像に切り替わり

音もなく声もなく静かで非常に不気味な雰囲気になった。

いつの間にか、鎧はまとっていないが、侍のようないでたちの男たちが

次から次に白い忍者に襲いかかってきた。


敵は五、六人。

白い忍者は襲ってくる男たちを

次々に斬ってゆく。

非常に激しい戦いで敵の手や腹が切れ

鮮血は飛び散り多くの血が流れた。

白い忍者はひたすら斬り続けた。

激しい戦いではあるが、その映像は、色もなく音もなく声もなく、不気味なほど静かである。


無機質な光景が目の前で続いてゆく。

その光景は何故だか私に、非常に寂しいような気持をいただかせた。


夢はここで終わった。

起きると、背中が異常に熱くなっていた。


ただの夢である。

しかしながら、滝から現れたあの白い忍者の存在がなぜだか悲しくて忘れられないでいる。


スポンサーサイト



寺の白い木

2019年04月18日(Thu) 17:32:51


夢をみた。

お寺があり、そこに背の高い一本の「白い木」が生えている。

少しばかり円錐形になっている木で枝にはわずかの葉が生えている。

木を眺めていると何故だか懐かしく思えてきてその木を見上げていた。


次のシーンで、過去に私が習っていた武道の先生の位牌がでてきた。


目が覚めて、ふと考えてみるとあの寺に生えていた白い木は

子どもの頃から何度も私の夢に出てきていたのを思い出した。

何十年か振りに、私の夢の中に出てきた「円錐形の白い木」は

どのような意味をもつのだろうか。



鬼の夢

2016年07月17日(Sun) 00:32:34

あるお客様が夢で見たお話です。


夢の内容はそのお客様が小学生の時に見た夢なのだそうですが

友達4人で遊んでいたところ、鬼に追いかけられたそうです。


4人のうち2人(そのお客様もふくむ)は鬼の追跡を振り払いながら


やっとの思いで人家ににげたそうです。


逃げた先の人家は、傘を作る職人の家だったそうで


どうしてだか、その職人の創った傘は宙に浮き

そのお客様ともう一人の友達は傘に乗り鬼の追跡から逃れる

ことができたようです。


二人は、宙に浮いた傘から地上をみてみると残りの友達二人は

鬼に捕まってしまったのがみえました。

夢は友達二人が鬼に捕まったところで終わりました。



それから、何年か経ち、中学生になったときに鬼に捕まってしまった二人の子は

とんでもなく、悪い方向にぐれてしまったそうです。



ある、お客様がいっていた忘れられない夢のお話です。





印鑑の夢

2015年11月04日(Wed) 18:47:51

すでに亡くなった人が

印鑑を押してくれと促す夢をみたら

絶対に押してはいけないらしい。


お客様から聞いた話の一つです。

もう一人の自分。

2010年07月04日(Sun) 21:19:30

かれこれ、7年くらい前の話。

仕事で営業に行きはじめて

社会にもなれ少しずつ満足のいく結果が

出はじめた頃

ちょうどそんな時に

見た夢である。



外観などは全く違うのだが自分の家がある。
(自分の家だとわかる。)


その中に自分たちの家族が住んでいる。



台所に行くと死んだはずの祖母もいた。

とても元気そうでお菓子かなにかをつくっている。


家の中を見てまわって一つの部屋に入ると自分がいた。

妙に天井の高い部屋でもう一人の自分は

中央の椅子に座ってこちらをみている。

なんだかとても落ち着いていて

顔は自分なのだがどこかとても大人びたもう一人のじぶんがいた。


もう一人の自分はこちらを見つめたまま何も言わない。



場面が切り替わり二階から声がする。

弟の声だ。

弟としばらくの間話しをしていた。


すると一階から母親がやってきて祖母がつくったらしい

おはぎを持ってきた。

そのおはぎを口に入れた瞬間。


この間色々信じられないような光景が次々と

現れた。(ものすごい速さで色々な場面を見た。)

様々な光景をみたのだが最後にでてきたのが

一面紫色(暗い色が多かった。)の美しい花畑と

どこからか聞こえてくる美しすぎるぐらいの音楽だ。


花畑の中どこからか聞こえてくると音楽のなか

もう一人の自分と会ったことを祝福する

何か別の大きな存在がいる。
(存在を感じるだけで見えない。)



とても、とてもあり得ないほどの恍惚感のなか

しばらく花畑の中で音楽を聴いていた。


この間どれくらい時間がたったのかわからない。




突然自分の体に意識が戻った。


本当に漫画みたいに魂が別の次元にいっていて肉体に

戻ってきたような感じだ。(ズドンと肉体に何かが入ってきたのがわかった。)


背中が暖かい。

大きな愛情に包まれている気がする。

瞑想で奥の奥まで入った時にもこの

ような感覚は得られない。



素晴らしすぎて表現することができない。




この夢が何を意味しているのか?

または意味なんて何もないのかもしれない。


だがこの夢で感じたあり得ないほどの恍惚感と感動は

未だこの現実世界では味わったことはない。。



心にのこる。夢の一つとしてよく覚えている。