FC2ブログ

sifu hiruma  胡蝶の夢  

日中気功整体院 武術白勁会 日々のこと・・・。

邪気や霊障について

2020年10月18日(Sun) 12:52:51


神社や仏閣、パワースポットに出向いて

気を取り入れるのももちろんいいことであるのだが

基本的に日常生活の中で「善行を積むこと」、「徳」を養うこと。

気功の世界では昔からいわれていることであるが

これが一番の邪気や霊障から守ってもらうことである。

それは自分の子や周りの人の為になることであり

遠回りのように見えて一番の近道である。

昨今、スピリチャルブームでいろいろな解釈をしている人たちがいるが

周りの人を守るため、自分を守るために気を増幅させるには基本的にはこの道しかない。




スポンサーサイト



濡れた灰色のトンネル

2019年12月08日(Sun) 23:39:35


十数年前わたしは、横浜の整体学院で講師をしていた。

仕事がおわると週に一度「気功と中国武術を教えていた」。

その時の話であるが

気功の授業の時、「肺の呼吸」というのをやっていたのだが

体調がすぐれなかったのか私の意識が飛んでしまった。

意識が地球から出て宇宙までいってしまい。

これはまずい早く帰らなければと思っていたら

ものすごいスピードで戻って行くのを感じたのと同時に

「今、この名前で、この職業についていて、この立場で

今ここで気功の授業をやっている」と

今までの「私」として生きてきた記憶がものすごいスピードで思い出されていった。

そして灰色のトンネルがありそこをくぐると光が見えて

目の前に生徒さん達があらわれた。

生徒さんのひとりに「先生目がおかしかったですよ」。

といわれ、朦朧とした意識が徐々に回復していった。


柔道の絞め技で失神したとき、お花畑を見た人もいるというが

私の場合も脳の酸欠によるものであるのかなと思う。

しかしながら、なかなかできない体験をさせてもらった。

私的スピリチャル(霊性の向上)

2019年10月19日(Sat) 22:36:16


私も現代霊気マスターであり、

講師として整体学院で5年間霊気を指導した経験がある。

昨今のスピリチャルは次元の話や天皇家の話

神社、仏閣、天使などの話をよく聞くようになったが

私個人のスピりチャル(霊性の向上)の立場は

苦手な人を少しだけ理解できたとか、違う立場でものごとが

見られるようになったとか、そのようなところに重点をおいている。

あまり次元がどうとか、古代文明の話を重視をしていない。


今、ここにあるがままに。

少しだけ、人間の幅を広げられたり、せまくなったり

三歩進んで二歩下がる。

そんなことを繰り返している最中である。

霊気の教え、気づきと学び

2018年01月11日(Thu) 18:29:35


霊気の教えの中で「気づきと学び」というものがある。

自分が最終地点である「死」に到達するまえに

「安心立命」という、「天命に任せ、思い煩うことのない境地」

に到達するという教えがある。

この「気づきと学び」という素晴らしい教えも

実践する人に、人間的に成長したいという根本的要求がなければ

気づかされるできごとも、学びもただ過ぎ去ってゆくのではないか。


しかしながら、、いざ、目の前の社会生活を前にすると

人間的に成長することで、金が入るかわからない。

生活できるのかわからない。

世の中力の強いものが牛耳っており、ルールは成功者とよばれる

人達が決めている。

また、自己責任論が叫ばれるようになってから、人に厳しくあたる人が多くなった。

こんな、感じに世の中がみえることもあるが、

だが、もし自分が力のない立場に落ちた時に果たしてどこまで強くいられるのか?

みんながそんな事をやっていったらどうなるのか。

ほとんどの人間社会の問題はシステムや制度では変えることができないのではないか?

我々一般人の人間レベルが上がれば多くの問題は解決するのではないか。









借りたものは、返さないとだめ。

2017年09月06日(Wed) 22:16:28

本日は、教室の日であったので、気功に関して

ふと思いをめぐらせていた。

ねっ転がって横になっていたら、なんとなく考えたことがあった。


中国気功の中には「採気」

といって太陽や月をはじめ気のエネルギーを

借りて、体内に取り込み、強化する方法がある。



自分の体調が悪かったり、精神的に

不安になったりすると、つい自分が気を取り込んで「得る方向ばかり」に気をとられてしまう。

しかしながら、自然の法則でいえばこれは、間違えで

気を借りるばかりの、方法では元気になるどころか

疲れてしまう。

やはり、借りた気は体内でいい気に変化させて外界に返さないと

真の意味で気は循環してこないし、体調も回復しないのだ。