FC2ブログ

胡蝶の夢  

中医推拿師、日々の事。。。。

存在しないことになっている。

2020年06月15日(Mon) 21:07:59


昔私の知り合いが言っていたことである。

「私はこの世界に存在しないことになっているんです」

私はどういうことなのかと聞くと。

彼は「テレビで放送されるドラマの主人公などは

医者であったり、弁護士が多いじゃないですか。

そういう一般にうける世界観の中で私は認めてもらっていない。

存在しないことになっているんです」。


言われてみれば、そのような職種のドラマが多い気がする。


子どもが見ている。最近の仮面ライダーにおいても、主人公の職業がIT社長や医者などに変化している。

( これは、子どもにテレビを見せる母親たちに考慮しているという意見がある。)


実際、私たちは色々な仕事をしてくれる人たちのおかげでで成り立っているのだが

そういう部分を直視できない日本人の性質がよく出ているような気がする。


色々な人の仕事で成り立っているこの世界なのだから、お互いにリスペクト

しあいながら、生きていけばこの社会も少しはよくなると思うのだが。

ドイツなどでは、職人になる人のためにマイスター制度があり、リスペクトされているらしい。


スポンサーサイト



学校について思うこと

2020年06月15日(Mon) 18:55:34


社会人になって20年近くにもなり

ふとした時に、学生時代のことをよく思い出す。

私自身の感想だが、小、中、高の学生時代よりも社会人のほうがはるかに楽である。

幸い大学では自分の好きな勉強に打ち込めたが、中学が大学のようなシステム

であればよかったなとつくづく感じる。

あの膨大な時間を各個人が好きなことに打ち込めば

色々な才能が開花するのではないだろうか。


ただ、学校に得意な分野がなかっただけで

劣等生とされてしまい、人格まで否定され学校のシステムの中で

才能を見出すことなく潰れていった人間はかなりの数になるだろう。


集団の中の子どもたちの世界は椅子取りゲームみたいなところがあり

先にキャラを決めたものが勝つような部分が少なからずある。

周りからのプレッシャーなどからどうしようもなく知らず知らず

自分自信ををおとしめてしまう子たちもいる。

今風にいえば自己責任なんだろうが、自分がそのような状態に

なっても自己責任だからというように言えるほど、人間は強くはない。


また学校で植え付けられる過度の競争意識は社会に出てからも

比較競争する思考が身に付いてしまい。

この類の人間は絶えず周りと比べないと自分の幸せを感じられなくなる。

それは、自分のなかに幸せの尺度があるということを教えられなかったからだ。


社会に出て逆境に立たされた時に役に立つのは受験中心の勉強ではないだろう。


各人が能力を発揮できる学校の教育システムにすぐにでもしてほしいと思うのである。







We are the World

2020年06月10日(Wed) 23:58:25



下記はアフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られたキャンペーンソング。

作詞・作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共作。

動画では一世を風靡した、錚々たるメンバーが顔を揃え歌っている。

USA for Africa - We are the World

現在2020年。

地球環境問題。テロや戦争。新型コロナウイルス。アメリカで起こっている差別の問題。

フェイクニュースが真実を凌駕し、どこを向けばよいのか迷う時代。

課題は山積みであるが、人間の心の何処かに眠っている良心というものが

目覚めるようになればよいと思う。

結局、時代を動かすのは政治やシステムより集団意識しかないのだと思う。

全体の意識が上がってゆけば少しづつ常識も変わってゆく。


修行のバランス

2020年05月09日(Sat) 19:02:23


修行のような分野に打ち込む人に特に多くみられるのだが

自分の世界を追い求めるあまり先鋭化し、ある時から周りが見えなくなる事がある。

そういう段階を経験するのも一つの修行だとも思えるが

それが行き過ぎると孤独になり、相手にされなくなることがある。

その人を導いた指導者による影響なのかもしれないし

その人自身のせいかもしれない。


そういう段階を経験するのも一つの修行だとも思えるが

行き過ぎると孤独になり、周囲から相手にされなくなることがある。


どの分野でも洗練されるほど丸くなり周囲がよりよく見えるようになるのが

修行とよばれるものの行きつく先だと感じる。 

それは、社会とのバランスといっていいかもしれない。


昔、四柱推命(占術)を何十年と勉強している方が

「この世界に入って長いのですが、結局は常識が一番大事なんです」

といっていたのが、いまだに心に残っている。









ツケ

2020年05月03日(Sun) 16:45:48


戦後GHQ占領下で骨抜きにされ日本人は文化を捨て

アイデンティティを失ったこと。

高度成長期により金が全ての優先価値になってしまったこと。

自国を米軍が守ってくれているという自国への責任感のなさ

イラク戦争においてアルカイダに人質として日本人の青年が

とらわれたとき「自己責任論」が叫ばれ、これを機に

全ての責任は「自分のせい」という極端な「自己責任論」が浮上し

社会はより世知辛いものになってしまった。

アメリカ式の自由な教育は「自分勝手」と履き違えられてしまい

いまではどのメディアをみても「言ったもん勝ち」のような風潮

がまかり通っている。

民間では絶対にクビになるような政治家が開き直り人の税金で

飯を食い続けている。


コロナでいままでのツケを払わされているような気がしてならない。